読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Aloha! 治る力

治る力を生かした医療を求めてハワイに移住して来た医師のブログ

筋膜のコリコリをほぐすセルフケアー

腰痛の原因

私たちのクリニックによく相談に来られるケースでよくあるのが、腰痛がある場合に、プライマリケアーのような総合的な一般診療に行き運動療法カイロプラクティックをやってもよくならず、特に神経ピリピリがあるっていうわけではないけどMRIを撮って見たらヘルニアがあって整形に紹介。でも整形で診てもらったら「手術は不要だ」と言われて、「結局何をどう治療したら良いのかわからない。運動療法でもカイロプラクティックでも投薬でもよくならず、患者さんもドクターもお互い不満足になってしまっており何か他に方法がないでしょうか?」っていう相談です。

 

 

プライマリーケアーの医師も患者さんも「腰痛の原因はヘルニア、狭窄症だ」とMRIなどの画像を結果を見て思ってしまいがちですが、腰の痛みが80−100%で脚にピリピリ来る神経圧迫の症状が10−20%のような場合、画像を撮ってたとえヘルニアがあったりしても、それは痛みの原因の大部分ではない事が多いです。診察してみるとヘルニア、狭窄症ほぼ全ての症例で、皮膚の下に筋膜コリコリの所見があります。一緒に仕事をしている痛み専門の麻酔科の先生たちも「ほぼ全ての腰痛には筋膜筋肉の要素があると思え」と研修の時に教えられたと言われています。実際にヘルニアがある場合でも表面に違い部分には筋膜シワシワコリコリ所見があり、筋膜コリコリをとったら腰の部分の痛みが随分よくなる場合がたくさんあるんです。

 

筋膜ってなに?

筋膜は筋肉の表面や筋肉のたばの間にあるゆる〜い結合組織で、体の動きに合わせて自由自在に形を変えてくれる皮膚の下にあるもう一枚の皮膚のようなものです。

Never まとめっていうウェブサイトにわかりやすい図があるのでお借りします。

 

f:id:naoruchikara:20170410031759j:plain

 

コリコリシワシワの筋膜ってどんな感じ?

それは、この写真のような(グーグルイメージからお借りしました)、干からびてシワシワになった皮を皮膚の下にまとっているような状態だと想像してみてください。

f:id:naoruchikara:20170410032118j:plain

これを着て、立ったり座ったり、日常の色々な動作をやってみるとどんな感じですか? 皮膚の下に来ているため、この上に乗っている皮膚もこの下にある筋肉も動かすたびに滑りが悪いため滞ってしまってとっても痛いのが簡単に想像できますよね!

 

どうやって筋膜のコリをほぐせるの?

このシワシワの洗濯物をもう一つ上にある層から綺麗に伸ばしてあげるために、あなたならどうしますか? スチームアイロンをかけたり、スポットで押し伸ばしたり、へらのような表面を使って上からこすって伸ばしたり、マチ針を一定間隔でさしてお裁縫のように形を整えてあげたり、すると良いですよね!

 

そう、本当にそうするんです!!実際にコリコリシワシワ筋膜の治療法は色々あります。

 

1.筋膜ローラーでのローリングはアイロンがけのよう。(オススメのローラーや実際の使い方についてはセミナーで実際にお話した通り!ブログ読者の方にはまたいつかまとめます)

2.マッサージスティック(セラケーンはスポットを押して伸ばすトリートメントのようなものです。

.中国式のグアシャマッサージはへらのようなもので表面をこすってまっすぐに伸ばすやり方(これについては中国式の白い陶器のスープスプーンで自宅でもできる方法があるのでいつかまたお話ししますね!)

4.鍼灸の表面リリースの治療はマチ針を一定間隔で綺麗にさして皺伸ばし。

5.ドライカッピングはシワシワで皮膚とうまくスライドしない部分を吸引して剥がしてあげるイメージです。(ドライカッピングも家庭で自分でやる方法があります。これについては「ドライカッピングの効果とリスク」というトピックでまとめたブログがあります。総論としてまとめてありますが、私たちがクリニックで患者さんにセルフケアとして処方する場合の細かい注意事項などがあるので、いつかまたまとめようと思います!)

6.体に着ているので体操などで自分で伸ばす方法もありです。この自分で伸ばす方法が、上で紹介したNever まとめのサイトにまとめてあるものです。(ためしてガッテンという番組で紹介されたのだそうです。私は残念ながら日本のテレビケーブルサービスをまだ使っていないのでみてません。)

 

筋膜は干からびてからからな状態なので、水分を十分取りながら、栄養も十分に取りながらやるのがコツです! 中国古来の鍼治療では、筋膜には私たちを守ってくれる経絡が通っていると言われています。つまり風邪が来たり、外からの冷え、熱、などが来ると鏡のように跳ね返してくれるエネルギーです。 ただの結合組織ではなく、実際には、この筋膜の中で体の健康に関わる免疫や抗炎症作用がある物質が流れているんです。最近ハーバードで、筋膜リリースとがん細胞の関係も研究されて来ています!どうやらがん細胞にとって健康な筋膜は増える邪魔をするものらしいんです。

 

そして一つだけをやるのではなく、いくつか並行しながら効果を評価してセルフケアーの一部として取り入れてみられると良いと思います。特に筋膜ローラー(フォームローラーです)は朝晩二回4−7分くらい、痛みがレベル7の部分を集中的にそれがレベル4になるまでやるのが良いと私たちのクリニックでは患者さんたちに指導しています。なぜなら毎日の生活には(座りっぱなし、長距離ドライブ、悪い姿勢、偏った食事、水分不足など)筋膜コリコリシワシワを作り出す要因にあふれていて、毎日朝晩ゼロにリセットすべきっていうことを意識してください。筋膜のほぐしは「痛みがあるときに必要に応じてやるものではなく、朝晩リセットするためにやるもの」そして「水分をやる前と後でちゃんと取りながらやるもの」と思ってください。朝晩やるセルフケアーには筋膜ローラー、マッサージスティックが適しています。下に解説してあるカッピングやグアシャは小さな血管にちょっと傷をつけて皮膚を紫色にする治療なので毎日はダメです。皮膚の状態を見ながら1−2週間に一度または、簡単にローラーなどで取れないコリをほぐすためにもいうちょっとアグレッシブにやる治療だと思ってください。

 

それから姿勢の改善は毎日何時間もその姿勢で過ごすためとっても大切です。これについてもいつかまとめたらいいなと思っています!!

 

私はこれから鍼灸の試験勉強!! さっきあすのランチにするための Cuban Island Blackbean Soupを仕込みました!! キッチンからとっても良いスパイスの香りがしています。皆様も良い1日を!!